感情カウンセリングを癌の患者様にお勧めしたい理由 その5

お問い合わせはこちら

ブログ

感情カウンセリングを癌の患者様にお勧めしたい理由 その5

2020/01/03

感情カウンセリングを癌の患者様にお勧めしたい理由 その1で、ストレスが少ない状態のほうが、癌の治療に対するパフォーマンスを上げる可能性があることを免疫力(NK細胞、キラーT細胞)の観点からお伝えしました。

 

また、感情カウンセリングを癌の患者様にお勧めしたい理由 その3で述べたように、ストレスが癌を進展させる可能性があるという最近の報告もあります。

 

今回は、別の観点から癌の患者様に対するメンタルケアの重要性を示す報告についてのお話です。

米国国防総省の研究者らは、Military Health Systemというアメリカの現役・退役軍人およびその家族にケアを提供する国防総省の保健システムの受益者950万人からの請求データを分析しました。

 

その結果、乳がんまたは前立腺がん患者において、気分障害や適応障害は、入院の重要な予測因子であることが分かったのです。

これは、その他の慢性疾患の数や1年以内に化学療法を受けた回数に次いでのものでした。

 

具体的には、

毎年平均して、気分障害または適応障害があった乳がん患者では、そのような障害がない乳がん患者と比較すると、外来通院回数が9.4%、入院回数が2.3%、そして入院日数5.4%も増えていたのです。

 

 前立腺がんでも同じようでした。

気分障害もしくは適応障害のある男性は、そうした障害がない前立腺がん患者と比べると、外来通院回数が6.7%、入院回数が2.9%、そして入院日数も8.4%増えていました。

癌になった方が感情を取り扱い、少しでも心穏やかに過ごせることがいかに重要であるか分かると思います。

 

当クリニックが提供している感情カウンセリングでは、感情をクリアリングし心を軽やかにするお手伝いをさせていただいています。

 

ご興味がある方はご連絡ください。

Kate Crawford. Mental health conditions contribute to increased cancer care-related costs, hospital visits for patients with breast and prostate cancers. ASCO Feb 27, 2017

 

 

 

 

 

  • 通常セッション(電話対応可能)
    基本的にクライアントのお話を伺うことが中心です。
    その特徴は、あるがままを引き出し、そのまま受け止めることにあります。
    本人が抱える問題の答えは、本人の潜在意識が知っています。自分自身で気づくことにより深い納得感が得られ、解決へと進みやすくなります。

    1回 40分 12,000円

  • 感情トレーニング(対面のみ)
    全10回のワークをしながら、自分の感情を理解し、感情に振り回されることなく、自分自身が本当に望んでいる人生を歩めるようにトレーニングをしていきます。

    感情について体系的に学び、順を追ってトレーニングすることで感情を扱う方法を身につけることができます。

    1回目 感情のとらえ方・感情との距離感

    2回目 基本の位置の定着・怒りを外に出す

    3回目 悲しみに耐える・取り扱いの自由度をあげる

    4回目 変化の振り返り

    5回目 感情の種類・感情と感覚の違い

    6回目 感情への体制強化

    7・8回目 感情のクリアリング

    9・10回目 感情の種のクリアリング

    1回 40〜60分 全10回:20万円

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。