感情カウンセリングを癌の患者様に提供したい理由 その3

お問い合わせはこちら

ブログ

感情カウンセリングを癌の患者様にお勧めしたい理由 その3

2019/12/23

癌組織内に自律神経系が入り込むことで、その患者の予後が左右されるということを岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(医)細胞生理学分野の神谷厚範教授が世界に先駆けて証明したという発表が2019年7月9日にありました。

特に乳がんでは、組織内に交感神経が活発な場合には予後不良なのだそうです。

 

つまりは、ストレスなどによる交感神経の緊張が、癌を進展させ得るということが分かったということです。

 

癌を患っている方は、それだけでも精神的ストレスがかかりやすい状況だと思います。

ストレスが悪さをするといわれても、なかなか1人では対処が難しいかもしれません。

 

感情カウンセリングは、ありのままの感情を認め、クリアリングしていくカウンセリングです。

蓋をしてみないことにした感情は、自然にはなくなりません。むしろ自分では気がつかないうちに大きくなっていることさえあります。

 

身近な人だからこそ心配をかけたくないとの想いから1人で抱え込んでいるときや同じところをグルグルと回る悩みから抜け出せないとき、思考の整理がつかないとき、当クリニックが提供している感情カウンセリングがお役に立てるかもしれません。

 

ご興味あれば、お気軽にご連絡ください。

論文名:Genetic manipulation of autonomic nerve fiber innervation and activity and its effect on breast cancer progression
掲載紙:Nature Neuroscience
著者:Kamiya Atsunori, Hayama Yohsuke, Kato Shigeki, Shimomura Akihiko, Shimomura Takushi, Irie Katsumasa, Kaneko Ryosuke, Yanagawa Yuchio, Kobayashi Kazuto, Ochiya Takahiro 
DOI:10.1038/s41593-019-0430-3.

  • 通常セッション(電話対応可能)
    基本的にクライアントのお話を伺うことが中心のカウンセリングです。

    その特徴は、あるがままを引き出し、そのまま受け止めることにあります。
    自分が感じていることをどんなことでも話をしてもいいという状況は安心感につながり、自分の中から自然と自分が抱えている問題の解決の糸口を見つけることにつながります。

    カウンセラーはご自身の気づきがより深くなるように適切にお声をかけさせていただきます。
    カウンセラーが何かを押しつけたり、むりやり考えを修正させたりということはありません。
    自分自身で気づくことにより深い納得感が得られ、解決へと進みやすくなります。

    1回 40分 12,000円  (税込)

  • 感情トレーニング(対面のみ)
    全10回のワークをしながら、自分の感情を理解し、感情に振り回されることなく、自分自身が本当に望んでいる人生を歩めるようにトレーニングをしていきます。

    感情について体系的に学び、順を追ってトレーニングすることで感情を扱う方法を身につけることができます。

    1回目 感情のとらえ方・感情との距離感

    2回目 基本の位置の定着・怒りを外に出す

    3回目 悲しみに耐える・取り扱いの自由度をあげる

    4回目 変化の振り返り

    5回目 感情の種類・感情と感覚の違い

    6回目 感情への体制強化

    7・8回目 感情のクリアリング

    9・10回目 感情の種のクリアリング

    1回 40〜60分 全10回:20万円

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。